入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります



 教材としての熱気球は、2002年、NASDA広報時代のコズミック(アドバンストコース) で打ち上げられたのが最初で、カラフルな気球がみんなの目を奪った。

 この気球は、飯牟禮俊紀がボーイングの教師のためのスペースキャンプに参加し、そこでの 教材を持ち込んでつくった。浮上するに適した紙を選んだり、こどもが製作し易いように型紙をつ くったり、熱風を気体に送るランチャーの図面を引いたりして日本にある素材や方法を考えたのも 飯牟禮であった。注1)

 この気球は製作に時間がかかるため、宿泊型のコズミックやYACの分団活動のように時間があるときでないと 打ち上ができず、通常のコズミックで実施されることは少なかった。

 一方、国分寺市科学センターでは、同じ頃、熱気球とは言い難いが、大気の科学の内容の一つとして 「暖かい空気は上昇する」ことについての学習をスタンドをガイドにアルコールランプを熱源とし てポリ袋に暖かい空気を詰める実験を行っていた。飯牟禮が開発したガストーチを熱源とするラン チャーの存在を知り、45リットルのポリ袋を六枚貼り合わせてた熱気球を揚げることにした。この 大きさになると自重で浮上しない場合が多く、失敗を繰り返していたが、当時科学教室に都の嘱託 として勤務していた松澤俊志が試行錯誤し厚さ0.015oの市販の薄い素材のポリ袋に行き 着いた。

 この熱気球がコズミックに登場したのは2006年11月釧路のキッズコースであった。親が協 働してセロハンテープで袋貼りをし(所要時間30分)、子どもが絵柄を考えて気球を飾る(所要 時間40分)という行程で完成させて打ち上げるというプログラムであった。この時、親と親、親 子、子ども同士の見事な共同作業が生まれ、上昇 していく熱気球に拍手や歓声がわき起こった。参加 した全ての人を巻き込む現象を目の前にし、教材の力に改めて感動したことを覚えている。

 その後、ほとんど全てのコズミック、学校連携の教材として教員研修にも登場し、20 07年「宇宙の学校」の教材として冊子に載り、2008年コズミックのパック教材にな ったこともあって活用頻度の高い必須の教材になっている。この年、国分寺市科学セン ターの望月善郎が同じ素材で70g用の袋を富山県の業者に発注し入手するルートを みつけた。これにより4枚貼り合わせて同じ規模の熱気球ができることから、現在はこ の袋で実施している。所用時間が15分以上短縮可能になり、打ち上げた気球を回収して もう一回のアンコールに応えられるようになった。


初代の熱気球

アルコールランプを熱源にして


6枚組み熱気球
(国分寺「宇宙の学校」)

4枚組み熱気球
(久茂地宇宙の学校)

注1) 平成15年2月 「未来のとびら 指導ガイド」 宇宙開発事業団総務部広報室

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します