入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります



 ストローロケットは、2005年、遠藤康弘が武蔵野学院大 学の幼児教育学科の講座の教材として(図1)のような紙のロケット (フイルムケースロのカバーの展開図を組み立てたもの)をマヨ ネーズの容器に接続して使っていた。
 2006年2月ヒュースト ンで行われた「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」に JAXAから派遣された折、同期生として喜友名一が「ストローを使った吹き矢」を発表したのを参考に、(図5)のような ストローをロケットに見立てたものを教材化した。

 同年5月、松澤俊志が予想外に飛ぶこのストローロケッ トに感心し、園児でも簡単に操作できるランチャーをつくろ うと二人で作製した。その後、「宇宙の学校」の教材作成委 員会が内田洋行に依頼して製品化した。
 (図3)のランチャーは、2009年、山下法昭なども加わっ て取っ手や足で支える板をつけた改良型である。
 ストローロケットは、先端に油粘土などをつけて重 心を前方にすれば風見鶏効果が高まり、尾翼がなくても安定飛行 することから、(図3)のような形になった。
 最初にストローロケットが飛んだのは、2006年8 月、 筑波の宇宙教育センターで実施されたアドバンストコースで ロケットの安定した航行を理解するための教材として登場した。
 同年11月北九州国際会議場で行われた宇宙教育センターによる 宇宙教育シンポジウで広く認知されるようになった。その後、 「宇宙の学校」などで人気のロケットとなっている。

(図1)紙ロケット

(図2)初期のストローロケット


(図3)2本つないだストローをセットしたランチャー


(図4)宇宙の学校でのストローロケット飛翔のようす(国分寺会場)


ストローロケット開発のきっかけ

 2006年2月「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」で喜友名一先生の「吹き矢」の授業を間近に見て、ストローの長さと綿棒の矢の威力との関係に感動しました。この時、「長さをいろいろに変えたストローを飛ばせばいいのだ」と思いました。

遠藤康弘 (談)

(図5)ヒューストンでの喜友名先生の授業

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します