入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

2008年12月12日

科学を楽しむ講座 国分寺市発「宇宙への夢」地球といのち

第3回 「科学してみよう」

 12月12日(金)に国分寺市本多公民館で開催された「科学を楽しむ講座」の三回目に
的川会長と遠藤理事が講師を勤めました。

 的川会長の「海の水はなぜ青い」という、少年時代の疑問が、中学高校に進むにつれ、
答えが変わっていった話しと、実際の仕組みを説明しました。それを身近なもので見て
もらうために、後半は、遠藤理事が実験と「色」にまつわる生物の進化の話を交えて、
講義をしました。

 国分寺科学教室の卒業生が、準備や片付けの手伝いに来てくれました。
※遠藤理事は、国分寺科学教室で講師を勤めていました。いわば、教え子になります。




的川会長と遠藤理事の講義のようす


鯛は海の中で何色に見えるのか


手伝いに来てくれた遠藤理事の教え子たち

<<前へレポートインデックス次へ>>

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します