コンテンツ
KU-MAについて
入会案内
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

2009年9月12日

9月12日(日)に国分寺市教育委員会主催の科学教室5年生コースでKU-MAの会員が講師を担当することになりました。千葉で「宇宙の学校」2回目のスクーリングが開かれました。

この科学教室は、「光の科学」、「宇宙の科学」、「電気科学」の3つの単元で構成しています。
今回、KU-MAの会員が担当するのは「宇宙の科学」で、9月12日に実施しました。
受講者が127名のため、3班に分かれています。9月16日、27日にも残りの班で同じ内容を行います。

10月10日からは、同じくKU-MAの会員の笹原さん、11月7日からは 同様に金子さんと続きます。

今回は、小峰義夫さんで「紙飛行をつくって飛ばそう」です。


小峰さん作成の紙飛行機です。紙といっても、複葉機からジェット戦闘機まで
さまざまな飛行機を作ることができます。








輪ゴムで飛ばします


上手に飛ばない子の飛行機を調整してもらいます。

<<前へレポートインデックス次へ>>

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します