入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

三菱重工三原事業所CSR理科授業
日時と場所2月23日(火)三菱重工三原事業所
プログラム「海はなぜ青い」
三原事業所見学
講師遠藤純夫
参加数43名
主催三菱重工業株式会社三原事業所

三菱重工が行っている社会貢献活動(以下CSR活動)の次世代育成事業に、KU-MAがプログラムと授業の 協力を行いました。三原市立幸崎小学校と鷺浦小学校から5年生が43名参加しました。


はじめに三原事業所の益田さんから、三原事業所の簡単な説明がありました。
三原事業所ではでは、印刷機械や新聞の輪転機、そして交通システムを製作しています。

ここで益田さんから面白い話。新聞紙の下に穴が開いていますが、その穴がいくつ開いているか数えてみてください。
9個の穴があれば、その新聞は三菱製の輪転機で刷られた新聞だそうです。


遠藤理事の「海はなぜ青い」


赤、青、緑の3色のLEDライトで実験してみます。
3色全部を混ぜると白になります。これが太陽光です。
これから、赤が水に吸収されると普段見ている海の色というわけです。


赤い魚は、赤い光が届かない海の中では、他の魚からはこのように見えいて、天敵に見つかりにくいようになっています。



このあと、新交通システムの見学を行いました。

当日、三原テレビ放送が取材に来ていました。
こちらからの23日「三菱重工業 児童に理科授業」をご覧ください。映像が見られます。

<<前へレポートインデックス

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します