コンテンツ
KU-MAについて
入会案内
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

科学で遊ぼ!!レガスサイエンスフェスタ
日時と場所3月6日(土)新宿コズミックスポーツセンター
プログラム「飛ぶ・浮かぶ」の科学
講師・スタッフ講師:松澤俊志、山下法昭、菅雅人、柴田直人、黒谷明美、的川泰宣
スタッフ:KU-MA会員10名
参加数約300名
主催新宿区生涯学習財団

 3月6日に新宿コズミックスポーツセンターで開催された、「科学で遊ぼ!!レガスサイエンスフェスタ」にKU-MAが 出展しました。KU-MAの会員の方々がスタッフとして参加し、準備、工作・実験のお手伝い、片付けなど大活躍でした。
 他には東京理科大と早稲田大学が出展していて、どちらも楽しそうなプログラムを行っていました。賑やかで楽しい雰囲気のイベントでした。

プログラムは「飛ぶ・浮かぶの科学」をテーマに、植物の種子や鳥など自然の中の空を飛ぶものと、人間が作った空を飛ぶもの「ロケット」の二つの工作と実験を行いました。




ロケット工作・実験「注射器ロケットを飛ばそう」
説明をしているのは菅先生。アシスタントには会員の方々です。




ロケット工作・実験「かさ袋ロケットを飛ばそう」






ペーパースチロール工作・実験「ふわふわスチロールたこを作ろう」「飛ぶたねのモデルを作ろう」

来てくださった会員の皆様、ありがとうございました。
おかげさまで無事に実施できました。この場を借りてお礼申し上げます。

<<前へレポートインデックス次へ>>

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します