入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

知立「1日まちのふれあい科学館」
日時と場所 11月24日(日) 【1回目】14:00〜15:00 【2回目】15:30〜16:30  知立市立知立中学校
プログラムものづくり教室「かさ袋ロケットを作って飛ばそう」
対象小学校生(定員各15名:計30名)
講師・スタッフ講師:知立市「宇宙の学校」 蛭川公一、阿部裕幸
スタッフ:知立市「宇宙の学校」校長 山崎敬司、
知立市「宇宙の学校」スタッフ 野田幸宏、柘植宏
参加人数25名
主催ナスもル知立
共催知立少年少女発明クラブ
後援知立市・知立市教育委員会・知立市商工会
協力知立市「宇宙の学校」
その他(独)国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成活動」



ものづくり教室の会場となった知立中学校の武道場です。企業の展示コーナーもあります。


講座「かさ袋ロケットを作って飛ばそう」の説明ビラ。


山崎校長先生から知立市「宇宙の学校」の紹介がありました。


第1回目講座の講師は事務局の蛭川が務めました。


第2回目講座の講師はスタッフの阿部さんが務めました。


かさ袋をストロー使ってふくらませています。


飛ばしてみました。ふわふわ飛んでいます。


次は尾翼を取り付けます。尾翼を切っています。


尾翼を両面テープで貼り付けています。


飛ばしてみました。真っ直ぐ飛ぶようになりました。


おもりとしてビニールテープをまいて完成です。


みんなで飛ばしました。発射準備。


3・2・1・発射! 飛んだー。笑顔がいっぱいです。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します