コンテンツ
KU-MAについて
入会案内
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

「カフェ”風のいろ”での宇宙のお話し」
日時と場所 2013年3月16日(日)午後5時00分〜6時30分 長野県安曇野市
対象天文グループほしぞら塾メンバー他
講師宮川 広(KU -MA 会員)
主催宇宙少年団 北アルプス大町分団
共催クーマーズ

信州の安曇野で宇宙のお話をしてきました。


安曇野市は2005年に南安曇郡豊科町・穂高町・三郷町・堀金町・と東筑摩群明科が
合併した人口10万人の長野県中部の市です。

















お話しをさせて頂いた場所は、この地域では星好き仲間のたまり場として有名な
カフェ”風のいろ”です。


首都圏の星ファンからも良い所に行くんだねと羨ましがられての信州への旅となりました。
カフェ”風のいろ”は思っていた通りの素晴らしい場所でした、カフェの前に広がる
雪化粧した壮大な北アルプスの山々、これは凄いと思いつつ、私個人としては山々より
美しく豊かな安曇野の田園風景に釘付けとなりました。





参加者はカフェにいっぱいとなる28名で、その熱気の中を講演は午後5時に開始しました。
こういった場所で、お話しさせて頂くのは初めてで、いつも行っている教室・体育館などとは
違った温かさを感じました。








ほしぞら塾などの大人に混ざって、宇宙少年団の子供達も参加してくれました。
皆さんの熱い視線の影響を受けて、子供達には宇宙のエンジニアになるための進路情報まで
熱く語ってしまいました。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します