コンテンツ
KU-MAについて
入会案内
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

安城まちの学校 わくわくサイエンスフェスティバル2014
「まるごと科学の日」編
日時と場所 2014年7月21日(月)1時間目9:30〜10:30、2時間目11:00〜12:00 安城市安城学園高校
対象 安城市内小学1〜6年生  定員各20名(計40名)
プログラムかさぶくろロケットをつくって飛ばしてみよう
講師認定NPO法人 子ども・宇宙・未来の会 正会員:蛭川公一(知立市「宇宙の学校」事務局) 
アシスタント 元 安城まちの学校(畑の学校 顧問):蜂谷明秀
安城まちの学校スタッフ:杉浦和重
参加人数36名(1時間目17名、2時間目19名)
主催特定非営利活動法人 安城まちの学校
後援学校法人 安城学園
その他(独)国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成活動」


「かさぶくろロケットをつくって飛ばしてみよう」の講座用ビラを準備しました。


講師は蛭川が務めました。


アシスタントをお願いした蜂谷さん(向って左)と杉浦さんです。


ストローを使ってかさぶくろに空気を入れています。ふくらんでロケットの本体ができました。


飛ばしてみました。
子どもたちに聞いてみました。「ふわふわ飛んでいるよ。」


尾よくを切って、かさぶくろに貼り付けています。


飛ばしてみました。
子どもたちに聞いてみました。「真っ直ぐ飛ぶようになったよ。」なぜだろう?


ロケットの先に、おもりとしてビニールテープをまきつけて完成しました。


1時間目のみんな一緒に飛ばしました。3・2・1発射! 「ワー 遠くまで飛んだ!」


2時間目のみんな一緒に飛ばします。発射準備。


3・2・1発射!元気な笑顔がいっぱいです。
最後に、よく飛ぶ工夫・風見どり効果などについてかいせつして終わりました。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します