入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
「車窓からの月」

 私は山梨から首都圏へ通勤してます、朝早く夜遅い長距離通勤者の私がみつけた楽しみが
「車窓からの月」です。

 夜遅く、電車の窓側の席に座る。

 鏡の様に車内が明るく写った窓の向こうに、やさしく光る月が目に入る。

 静まり返った車内に月だけが妙にやさしく語りかけてくる。

 しばらくすると、それまで静かだった月が電車との位置関係で前や後ろ、そして高くなったり低くなったり、忙しく位置を変えてくる、時には南の空に止まってまんまる笑顔を見せたり・・・。と思うと突然!猛スピードで電車を追い掛けてくる。

 どんどんどんどん早くなり雲の間を走り抜け空をかけあがって急に止まる。

 心配して見つめると、「一緒に遊ぼうよ」とでも言っているかの様に電車の影に出たり入ったり、山を滑り台のように滑ってみせたり、お隣の木星と楽しそうにおどってみたり、雲のマントに隠れてみせたり、かと思えばトンネルの出口に突然現れて驚かしてきたり・・・。

 あきることなく見とれていると、気が付けば、見なれた景色の中に、私の降りる駅の明かりがすぐそこにあった。

宮川 広


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します