入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

知立市「宇宙の学校」第2回スクーリング
日時と場所7月21日(日)知立市立八ツ田小学校 図工室・グラウンド
プログラム第2回スクーリング「ペットボトルロケットを作って飛ばそう」
(1)開講挨拶:知立市「宇宙の学校」校長(八ツ田小学校長)‥山崎敬司
(2)事務局挨拶、スケジュール説明:蛭川公一
(3)スクーリング
講師・スタッフ 講師:知立市「宇宙の学校」事務局 蛭川公一
スタッフ:
・校長:山崎敬司(八ツ田小学校長)
・事務局:蛭川公一、棚橋慈孝
・知立市教育研究会理科部:三浦敏恵(来迎寺小学校)
・八ツ田小おやじの会:田中健(市議会議員)
・企業技術者:野田幸宏(アンデン)、杉山範男(デンソーOB)、
柘植宏(アイシン精機)、笹靖幸(アイシン精機)、阿部裕幸(アイシン精機) 計10名
参加数親子23組(51名)
主催知立市「宇宙の学校」
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
後援知立市・知立市教育委員会・知立市観光協会


第2回講座「ペットボトルロケットを作って飛ばそう」。
いろいろなペットボトルロケットのサンプルを準備しました。


第2回講座で製作した小型ペットボトルロケットのサンプルと手作り発射台。


発射台を3台手作りしました。市販品1台とあわせて、4台で飛ばしました。


スタッフで製作のリハーサルを行いました。


発射角度は?


講座の開始。山崎校長先生から開講のあいさつがありました。


講師は事務局の蛭川が務めました。実物のペットボトルロケットを使って説明しました。


ペットボトルを切ってスカート部を作っています。


スカート部を組立てています。


牛乳パックを切って、「よく」を作っています(1)


牛乳パックを切って、「よく」を作っています(2)


ここをこう切って。


ビニールテープを貼って組立ました。


いろいろなロケットが完成しました。


飛ばすために発射台へのセットの仕方を説明しました。


いよいよ発射です。空気を入れています。


ウーン、もう少し。


さあ、一緒に入れよう。


発射準備完了!カウントダウン、3、2、1、発射。


ワーツ!飛んだ!


高く飛んだヨー。


ビュー!真っ直ぐ飛び出しました。


水しぶきを残して。


2回飛ばしました。遠く飛ぶように工夫して飛ばしました。
オー!飛んだー!


第2回目は高く飛ぶようになりました。


デモフライトに使った大型ペットボトルロケット。


大型ロケットのデモフライト。グラウンドを飛び出しそうです。


全員でペットボトルロケットと一緒に写真を撮りました。


最後、みんなで後片付けをして終わりました。

次回は2013年9月21日(土)〜22日(日) 豊田市旭高原元気村
第3回スクーリング「天体望遠鏡の製作と天体観測」です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します