入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

小松市「宇宙の学校」第3回スクーリング
日時と場所2017年11月18日(土) 10〜12時 サイエンスヒルズこまつ
プログラム大気圧を体感しよう
講師・スタッフ講師:清川健一(安宅小学校) 井家鷹之(符津小学校) 北村萌香(粟津小学校)
スタッフ:廣田 恵子、高橋千絵、堀志織、吉田亜紀(小松市教育センター)
参加数児童32名、保護者35名
主催小松市教育研究センター
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
協力サイエンスヒルズこまつ

空気に重さがあるかという実験、空気を抜いてマシュマロや風船、ぬるいお湯がどうなるかの実験では、保護者も驚きの声をあげながら興味をもって実験していました。最後にプラコップを釣るゲームをしましたが、なかなか苦戦していました。目には見えない空気の存在をいろいろな形で感じることができ、とてもよかったです。また、これらのことはこれからの学習の基礎となる体験になったと思います。






次回は2月3日の開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します