コンテンツ
KU-MAについて
入会案内
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

紫波「宇宙の学校」開校式・第1回スクーリング
日時と場所2016年6月5日 10:00〜12:30 紫波町中央公民館
プログラム開校式
スポイトロケットを飛ばそう
講師・スタッフ講師:菅雅人、阿部惠彦
スタッフ:紫波っ子サイエンス運営委員3人、紫波町教育委員会2人
     ボランティア16人(中学生7人、高校生7人、一般2人)
参加数17家族40人(他に未就学児数名)
主催紫波町教育振興運動推進委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

最後にみんなで一斉に飛ばすと参加者だけでなく、
オガール広場に集まった皆さんからも歓声が上がりました。赤沢小3年の遠山みほさんは
「ロケットが高く飛んでうれしかったです。水があるかないかで飛び方が違ったのが不思議でした」と話していました。次回は11月15日。それまでに親子で家庭学習に取り組み、みんなでその成果を交流し合いたいと思います。


6月5日、今年度も紫波町に「宇宙の学校」が開校しました。


集まった親子は17組40人。みんなで「スポイトロケット」作りに取り組みました。




難しいねじ回しも上手にできいよいよ発射実験。


青空めがけてより遠くに飛ぶように水の量や力の掛け方を工夫しました。









次回は11月15日の開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します