入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

2014皆既月食を観察しよう

2014年10月8日、皆既月食が日本全国で観察されました。
全国の「宇宙の学校」から寄せられたスケッチ用紙を掲載します。
こちらからご覧いただけます。

日本全国で皆既食を見ることができます。石垣島以西の地域では月がわずかに欠けた状態で昇ってきますが(月出帯食)、それ以外の地域では部分食を始めから見ることができます。
KU-MAとJAXA宇宙教育センターでは、観察キャンペーンを実施します。

キャンペーンページはこちらです。

リンク先のテキストを参考に写真を撮ったり、月が変化する様子を観察してスケッチして
JAXA宇宙教育センターに投稿してください。

投稿した作品は、JAXA宇宙教育センターのホームページに掲載されます。
テキスト、スケッチ用紙は下記のリンクからダウンロードできます。


みんなで皆既月食を観察しよう2014(pdfファイル)

かいき月食スケッチ用紙(pdfファイル)

観察の時は

1.月食が起こるのが夜間(18時14分から21時34分)なので、子どもだけで観察せず、
  大人と一緒に観察しましょう。
2.双眼鏡で観察するのもいいですね。

参考リンク

「みんなで皆既月食を観察しよう」キャンペーン(JAXA宇宙教育センターHP)

国立天文台(2014年10月8日の皆既月食の説明ページ)

国立天文台暦計算室月食各地予報(お住まいの地域の月食の見え方を調べることができます)

月食と月関連の教材

「月にいるのはうさぎさん?」(pdfファイル)
「月の満ち欠けを観察しよう」(pdfファイル)
「月の動きと形を観察しよう」(pdfファイル)

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します