コンテンツ
KU-MAについて
入会案内
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

相模原「宇宙の学校」開校式・第1回スクーリング
日時と場所2016年5月22日(日)相模原市立淵野辺東小学校
プログラム開校式
記念講演「重力波とブラックホール」
凧はなぜ揚がる?〜スチロール凧から学ぶ〜
講師・スタッフ講師:平林久、稲葉茂
スタッフ:相模原「宇宙の学校」実行委員
参加数52組104名(相模原38組、城山14組)
主催相模原「宇宙の学校」実行委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
協力相模原市立淵野辺東小学校、淵野辺小学校、大野小学校
後援相模原市教育委員会

 相模原と城山の合同開校式を実施しました。平林会長の「ブラックホールと重力波」の話は、低学年の子どもが真剣に聴くほど子どもの意外性を考えた楽しいものでした。











次回は7月2日に開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します