入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
相模原「宇宙の学校」開校式・第1回スクーリング
日時と場所2019年6月30日(日)相模原市立淵野辺東小学校
プログラム開校式
宇宙の学校について
なぜ、飛行機は飛べるのか
講師・スタッフ講師:稲葉茂
スタッフ:相模原「宇宙の学校」実行委員会16名
参加数35家族児童40名
主催相模原「宇宙の学校」実行委員会
共催相模原市立淵野辺東小学校 相模原市立淵野辺東小学校PTA
KU-MA JAXA宇宙教育センター
後援相模原市教育委員会


6月30日(日)に2019年度第1回スクーリングが開催されました。
写真は、受付の様子です。


予定時刻の5分前に参加者全員が集合しました。素晴らしいことです。
いよいよスクーリングのスタートです。


相模原「宇宙の学校」代表、子ども・宇宙・未来の会副会長の
稲葉さんから「宇宙の学校」の紹介がありました。
みんな真剣に聴いていました。


いよいよスクーリングプログラムの開始です。その前に各班で自己紹介をしました。
みんなとても元気よくしっかりとした自己紹介ができていました。


今回のスクーリングのプログラム「飛行機がなぜ飛ぶか」がはじまりました。
親子で材料の確認をしている場面です。


各自、自分の材料に名前を書いています。その様子を保持者の方々が
温かく見守っているのが印象的でした。


飛行機の胴体だけで飛ばしている場面です。胴体だけで飛ばすことに驚いていました。
しかし、胴体だけでどう飛ぶかを知ることはとても大切なことです。


胴体から水平尾翼、主翼を順番に取り付けながらその飛び方の違いを学びました。
飛び方の違いから翼のはたらきに気づくことができました。


自分の飛行機の飛び方を見て、水平尾翼に切り込みを入れたエレベータをつくりました。
お父さんが夢中になって子どもの飛行機の調整をしていました。

次回は10月13日(日)に開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します