入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
2009年7月18日
長崎「宇宙の学校」スタート

7月18日(日)に、長崎「宇宙の学校」がスタートしました。

開催場所:長崎市科学館
参加人数:約160名(親子)
主催:「宇宙の学校 ながさき教室」運営の会
共催:長崎市科学館(長崎市教育委員会)JAXA宇宙教育センター、KU-MA

内容
熱気球を作って飛ばそう
日食グラスを作って太陽の観察


受付風景


「宇宙の学校 ながさき教室」島田校長の挨拶
「宇宙の学校って何でしょう」日本の子どもたちにもっと科学に興味を持ってもらいたいと作られた会が運営します。
親子で参加してもらい、 家庭と宇宙・科学をつなぐという目的で活動を進めます。


橋本健夫長崎大学副学長の挨拶。「まず楽しむ事です。」


日食観察用のグラスを作ります。カッターを使うところは、保護者の出番です。


ちゃんと出来たかな?


熱気球を飛ばそう。アルコールランプで空気を暖めると、浮き上がります。
ビニール袋にマチが付いているものは、どんなに暖めても浮き上がりませんでした。
ちょっとした重量の差でも、浮き上がることが出来ないのです。


早速、作った日食グラスで太陽を観察してみました。


太陽望遠鏡。どんなふうに見えるのかは、写真をクリックして下さい。


大きい熱気球を作って

次回は、8月23日(日)に2回目のスクーリングが行われます。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します