入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
長崎「宇宙の学校」第2回スクーリング
日時と場所 2015年月日(日) 長崎市科学館
午前の部10:00-12:00、午後の部14:00-16:00 
プログラム「飛ぶ」
アルソミトラの種子を模した発泡スチロールグライダー作成
ゴム仕掛けで羽ばたく模型飛行機の作成
参加数親子123名
講師・スタッフ講師:島田博志
スタッフ:宮崎 勉、橋 貞幸、松永 修、阿比留 蔵一、久松 邦夫
     松崎 秀信、宮上 和夫、岡 智子、田中 裕子、樋口 一成
主催宇宙の学校ながさき教室運営の会
共催長崎市教育委員会 長崎市科学館 KU-MA JAXA宇宙教育センター

まず生物が飛ぶさまざまな方法が解説され、例としてウリ科植物「アルソミトラ」の種子が示された。種子の滑空には参加者から驚きの声が上がった。 アルソミトラの種子を模して、薄切りにした発泡スチロールに円シールを数枚貼って、グライダーを作った。作ったグライダーがうまく滑空すると、子供たちは大喜びだった。他の形だと飛ぶのか?という試みもあり、参加者たちはハート型にする、垂直尾翼を作るなど工夫していた。 次に、羽ばたいて飛ぶ動物は多いが、羽ばたく飛行機は未だ実用化されていない点に触れ、ゴム仕掛けで羽ばたく模型飛行機を作った。小さな部品が多く、参加者は組み立てに苦戦していた。数mほどではあったが、飛行機が羽ばたいて飛ぶと子供たちは喜んでいた。また羽ばたく機構にも興味をもっていた。


たとえばタンポポの種も飛びます


アルソミトラは10m近くも滑空しました


シールを貼っておもりにします


何枚貼ればよく飛ぶのか?


高い所から飛ばしてみます


壁まで飛んだ!


ハート型にしたら飛ぶかな?


羽ばたく飛行機作り


ゴムをねじります。はたして飛ぶのか?


羽ばたくカラクリにも注目

次回は月日の開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します