入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

長崎「宇宙の学校」第3回スクーリング
日時と場所2016年11月27日(日) 10:00〜12:30 長崎市科学館
プログラム科学のお話「長崎の植物」
中間発表会
参加数子ども:75名、保護者73名
講師・スタッフ講師:宮崎勉
スタッフ:13名
主催宇宙の学校ながさき教室運営の会
共催長崎市教育委員会 長崎市科学館
KU-MA JAXA宇宙教育センター


科学の話「長崎の植物」と中間発表会の2部構成で実施しました。
「長崎の植物」では、〇×ゲーム方式で話を進めました。会員には〇×の札を持ってもらいその都度挙げてもらいます。「ナガサキ」の名を持つ植物も多く紹介し、親しみがわくよう、子どもたちにも関心がもてるよう工夫されていました。






中間発表は、最終回に行う本発表会の練習も含んだような扱いです。
発表の子どもたちは、初めは緊張気味あるいはしり込みするような傾向も見られましたが、
いざ始まり発表を重ねていくと、聞く人の反応のよさややり終えた達成感から大いに自信を
持ち、次の発表会への意欲がわいてきた様子でした。








次回は2月12日の開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します