コンテンツ
KU-MAについて
入会案内
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

長崎「宇宙の学校」第4回スクーリング
日時と場所2017年2月12日(日) 長崎市科学館
10:00〜12:00 14:00〜16:00
プログラム科学のお話「長崎の植物」
中間発表会
参加数子ども:82名、保護者80名
講師・スタッフ講師:橋貞幸
スタッフ:10名
主催宇宙の学校ながさき教室運営の会
共催長崎市教育委員会 長崎市科学館
KU-MA JAXA宇宙教育センター


モーターで動くホバークラフト作りを行いました。


モーター、電池ボックス、乾電池、プロペラは既製品を使いますが、その他の部品は百円ショップで購入した材料で工夫し製作しました。はじめの原理の解説、作り方全体の説明を行い、制作活動はそれぞれの親子に任せるような形にしました。途中で不明なことが出れば、スタッフが対応しました。参加者は、はじめは難しそうと感じながらも進める内に親子の協力や工夫が出てきて、楽しい製作活動となりました。











乗れるホバークラフトの体験も行いました。


最近のH−UA、H−UBの打ち上げについて、長崎から見えた打ち上げの様子について
紹介をしました。

次回は3月5日の開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します