入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

長崎「宇宙の学校」開校式・第1回スクーリング
日時と場所2017年6月18日(日)長崎市科学館
午前の部10:00-12:00、午後の部14:00-16:00
プログラム開校式
飛ぶをテーマとした活動(飛ぶ種、傘袋ロケット)
参加数大人88人・子ども88人、計176人
講師・スタッフ講師:「飛ぶ種」原田康英、「かさ袋ロケット」宮崎勉
スタッフ:12名
主催宇宙の学校ながさき教室運営の会
共催長崎市教育委員会 長崎市科学館
KU-MA JAXA宇宙教育センター

今年度の活動がスタートしました。今年も定員の3倍の申し込みがありました。やっと当選しましたという方も結構いらっしゃいます。今回のスクーリングは、「飛ぶ」をテーマとして、飛ぶ種と傘袋ロケットの工作を行いました。飛ぶ種では、ラワンやアルソミトラの種を模したものを作りました。作って飛ばしながら、いろいろな工夫をする姿が見られました。傘袋ロケットは定番の工作ですが、前後に移動できる重りやフィンの形などを工夫しました。


開校式


開校式での松崎会長あいさつ


飛ぶ種の紹介


種の模型を作る


ラワンの種の模型作り


種の模型を飛ばす


傘袋ロケット


傘袋ロケット作り


よく飛ぶ傘袋ロケット

次回は9月24日の開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します