コンテンツ
KU-MAについて
入会案内
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

岡山「宇宙の学校」第3回スクーリング
日時と場所2016年12月4日(日) 10:00〜12:30
岡山県生涯学習センター
プログラムコミュニケーション力をきたえよう
コマを作ろう
金星の観察をしよう
講師・スタッフ講師:並木道義
スタッフ:生涯学習センター振興課職員、ボランティア 計11名
参加数35家族94人
主催岡山県教育委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

 3回目のスクーリングで。最初は演習「コミュニケーション力をきたえよう」をしました。図形の名前が分からない低学年の子どもたちには少し難しかったようですが、なんとか形作りに取り組みました。コマ作りも、コンパスを使ったり厚紙を切ったりと慣れない作業が多く大変でしたが、家族で協力して完成させることができました。最後に作った吹きゴマは上手に吹くと浮き上がり、子どもたちから歓声も上がりました。


演習「コミュニケーション力をきたえよう」の様子です。言葉だけで伝えるのは、とても難しいです。


実験・工作「コマ作り」です。できあがったコマを回してみると、コマによって回り方が違うことを発見できました。


「吹きゴマ」が完成したら、机の上で回してみました。上手に吹くと、コマがふわっと浮き上がりました。


「地球ゴマ」を見せてもらいました。ひもを切っても回っているコマを見て、参加者の皆さんが驚きました。

次回は2月5日に開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します