コンテンツ
KU-MAについて
入会案内
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

和気町「宇宙の学校」第2回スクーリング
日時と場所2016年9月4日(日)10:00〜12:00
プログラムみんなで金星を観察しよう
風見鶏を作ろう
かさ袋ロケットを作ろう
講師・スタッフ講師:市川哲彦
スタッフ:和気町教育委員会社会教育課職員7名
     地域ボランティアスタッフ6名
参加数45世帯 59名の小学生と、その保護者・家族
主催和気町教育委員会社会教育課ふるさと教育係
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

岡山県へ台風12号接近の予測もあり開催が危ぶまれてもいたが、さすが「晴れの国岡山」。
当日は晴れた中での開校となった。今回は金星の話に続き、風見鶏と傘袋ロケット。
家族での作業が多かったため、試行錯誤、和気藹々と作業・実験に取り組んでいた。
中でも、傘袋ロケットでは、家族と児童が体育館の左右に分かれ、ロケットの飛ばし合いを
した。上手く届いたときの満面の笑みは大変に印象的だった。
家族で体験することの意義を改めて感じた1日でした。
次回は11月26日(土)に第3回目のスクーリングを予定しています。


風見鶏の実験中


家族で作業中

【動画】かさ袋ロケットを飛ばす様子

次回は11月27日に開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します