入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

和気町「宇宙の学校」第3回スクーリング
日時と場所2017年10月28日(土)10:00〜12:00
和気町立和気小学校
プログラム大気圧のおはなし・実験
ペーパースチロールで凧あげ
皆既月食のおはなし
講師・スタッフ講師:稲葉茂
スタッフ:和気町教育委員会社会教育課職員5名
     地域ボランティアスタッフ11名
参加数27世帯 36名の小学生と、その保護者・家族
主催和気町教育委員会社会教育課ふるさと教育係
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

空気には重さがあるのかな。空気が無い世界ってどんな世界なのかな。宇宙へ行くと私たちの身体はどうなるのかな。そんな疑問について、身近にあるものを使った実験を通じて発見することが出来ました。保護者も言葉でわかっていても、子どもたちと実物(風船やマシュマロ)を見ながら会話している様子が印象的でした。
 ペーパースチロールを使った凧作りでは、色々な形、色々な色の凧が出来上がり相互に飛ばし合いました。 普段は見えない空気ですが、空気の事を知ることで、世界観がグンと広がりそうです。大変に有意義な「宇宙の学校」の時間を過ごしました。










次回は、2月10日開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します