入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
和気町「宇宙の学校」第2回スクーリング
日時と場所2018年9月8日(土)10:00〜12:00
プログラムどんぐりのお話
ポンポン船を作ろう
講師・スタッフ講師:江崎士郎
スタッフ:ボランティア9名、事務局4名
参加数小学生20名とその家族
主催和気町教育委員会社会教育課ふるさと教育係
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

 2回目のスクーリングは「どんぐりの話」と「ポンポン船」。子どもの好奇心に火をつけるためには、その機会を的確に捉えて、その場に適した子どもの心をくすぐる応対をすることが大切です。これからの時期に必ず出会う「どんぐり」を用いても、木や葉のこと、種類のこと、時期のこと、生える地域のこと、色々な探究をすることができます。今回、来ていただきました江崎先生には、そんなメッセージをお家の方に届けていただきました。今回特記すべきは、新しいボランティアが加わったことです。長期にわたり、都内の宇宙の学校でお子様と参加しておられた方が、今年度より近隣の地域へ帰省されたこときっかけに連絡をくださり、今回よりボランティア参加いただきました。「ポンポン船」は都内の宇宙の学校でも実施されており、和気町宇宙の学校参加者へも宇宙の学校の趣旨に沿った的確なサポートや声掛けをしていただきました。ボランティアといっても、おせっかいではいけません。TPOに応じたこちらが求めるボランティアのお手本を見せていただきました。この機会をご縁に、今後とも長くお付き合いができたらいいなと思った時間でした。次回スクーリングは12月「静電気」をメインに計画しています。


















次回は10月28日に開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します