入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
和気町「宇宙の学校」第3回スクーリング
日時と場所2018年12月1日(土)10:00〜12:00
学び館「サエスタ」
プログラム海の色はなぜ青い
講師・スタッフ講師:中村茂
スタッフ:ボランティア6名、事務局5名
参加数小学生20名とその家族
主催和気町教育委員会社会教育課ふるさと教育係
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

3回目のスクーリングは「海の色はなぜ青い?」をメインとして、一番最後に「空はなぜ青いの?夕やけはなぜ赤いの?」を組み合わせたプログラムでした。学び館「サエスタ」という社会教育施設の調光調節が可能な大ホールを会場に実施しました。そもそも物はナゼ見えるのか?という基本的な疑問からひとつずつわかりやすく説明していただきました。途中には、長い筒を用いて水が青く見える原理を、説明だけではなく実物体験させてくださいました。子どもももちろんですが、保護者も大きなうなずきをしていたのがとても印象的でした。このプログラムは全暗できる場所が適していると感じました。会議室などの遮光カーテンや暗幕などでもある程度の暗さは可能ですが、今回和気町で実施した内容や実験や体験は全暗ができないと、参加者は十分な満足ができなかったのではないかと思います。次回は1月に同会場で静電気の実験、そして、家庭学習レポートの発表を予定しています。




















次回は、2月10日開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します