入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

那覇市「宇宙の学校」第3回スクーリング
日時と場所2016年9月11日(日)10:00〜12:30
那覇市牧志駅前ほしぞら公民館
プログラムプロジェクトWET(水に関する教育プログラム)
講師・スタッフ講師:藤井晴彦(理学博士)
スタッフ:伊舎堂千賀、島袋美奈子、下地克人、田代直志
     田代祐子、目取真美幸、沖縄尚学1年3組
参加数親子45組112名(兄弟姉妹の参加含む)
主催那覇市牧志駅前ほしぞら公民館
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター


今回の宇宙の学校は、水に関する教育プログラムです。講師は理学博士の藤井晴彦先生。
地球形のボールを使って海と陸の割合を確かめます。





地球上にたくさん水はあっても実際に生活に使える水はどれくらかを学びます。


1人1人が水になり、海や雲・氷河や川などを旅します。
旅をしていると、水が循環していることを体感できます。


最後は、水の性質・特長を利用した「水のオリンピック」開催


1円玉に何滴水が乗るか挑戦!表面張力の体験です。
水の大切さを学んだ宇宙の学校でした。

次回は10月16日に開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します