入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

宇宙の学校とは

「宇宙の学校」をあなたの手であなたの街に

 「宇宙の学校」とは、数カ月おきに行われるスクーリング(工作と実験)と、家庭学習を 親子で一緒に取り組みます。スクーリングでは、家の中では出来ない広い場所が必要な工作と 実験をやります。家庭学習は、スクーリングの時に配る数種類のテキストに、家庭でも できる工作と実験を写真とイラストで説明してあります。身の回りにある材料や道具を使うの で、特別な材料や実験器具を使わずにできます。




1 はじめに


 宇宙教育に限ったことではありませんが、一つひとつの催しは孤立したイベント的なものになりがちです。 たとえば宇宙教室を1年間に各地で100回やったとして、1回につき100人の子どもの参加を得たとします。 その主催の主体から見れば、これは大変な作業の結果であって、おそらくその組織内部でも高く評価される に違いありません。何しろ年間1万人もの子どもにメッセージを発信したのですから。

 しかしこれを、立場を変えて一人ひとりの子どもの側から見ると、ターゲットになるべき子どもたちは日本 に1400万人もいるので、1万人というのは0.1パーセントにも満たないのですね。その0.1パーセントのわず かな子どもにとっても、例えて言えば年に1回プロ野球の試合を見に行ったようなものなのです。中にはそ こから強烈な印象を持ち、それが一生の間持続するような場合がないとは言えませんが、ほとんどの子ども にとって、これは儚い泡沫のような経験にとどまってしまうでしょう。

 では、子どもが参加して一回だけの淡い経験に留まらず、頻繁にその参加の効果が持続するような催し── どのようにしてそれは可能になるでしょうか? それを実現する有力な考え方の一つが「宇宙の学校」です。 そして一部地域ではすでに実施され、立派に実績を上げているのです。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します