入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

2009年6月20日
日野「宇宙の学校」第2回

6月20日(土)に、日野「宇宙の学校」第2回目が開かれました。

いろいろな水溶液(砂糖水、食塩水、塩酸、クエン酸水溶液、炭酸水素ナトリウム水溶液(重曹)、
水酸化ナトリウム水溶液)を調べよう。

1.リトマス試験紙を使用して、性質を調べる。
2.BTB溶液、紫キャベツの色素を利用して、性質を調べる。
3.フェノールフタレイン(演示実験)
それぞれの水溶液の性質(酸、アルカリ、中性など)をそれぞれのグループで調べ、
色の変化に驚きの表情を見せていました。


リトマス試験紙でいろいろな水溶液を調べます。

A水、水溶液の性質(通電)を調べよう。
水(蒸留水)や水溶液に電気が流れるか調べてみよう。
水(蒸留水)と水溶液のそれぞれの中に、電気が流れるとメロディが鳴る装置を入れると、
どのようになるかそれぞれ観察を行いました。(演示実験) 音の変化に全員が実験に集中していました。


通電実験をする、山下先生。

B水溶液の中から溶けている物質を取り出そう。
1.飽和食塩水をグループで作る。
2.飽和食塩水にエタノールを加えて生じる現象の観察しよう。
各グループで作った飽和食塩水を人数分の試験管に分けた後、エタノールを入れると食塩の結晶が出来ました。
まるで試験管の中に雪が降っているような様子をじっと観察していました。


飽和食塩水にエタノールを入れます。

各地の開催日程はこちら

<<第1回目戻る第3回目>>

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します