入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

2009年9月19日

9日19(土)に日野市立第4小学校で「宇宙の学校」の4回目が行われました。

プログラム

土の科学 生命を支える土

最近の宇宙の話題、かぐや、皆既日食、HTV打上げ、金星探査機PLANET-Cなどから 火星探査の話に触れ、私たちの住む地球の表面について考え、 物質の循環や土の中の生物に関して学び、実際に分類してました。














ハンドソート法・・・土を細かく観察して、自分の目と手で虫を捕まえて取り出します。





ツルグレン法・・・採取してきた土をツルグリン装置にかけ、白熱灯の熱で乾燥させることによって
虫を装置の下へ追い落として採集する方法です。

講師の下田先生から、土の中の生物や微生物が自分たち(地球)を支えているというお話をして終わりました。

次回は、10月10日(土)です。

<<第3回目戻る第5回目>>

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します