入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

国分寺「宇宙の学校」ファンダメンタルコース第2回目スクーリング
日時と場所10月4日(日)国分寺ひかりプラザ
プログラム「ストローロケット」「葉脈標本をつくろう」
講師松澤俊志、遠藤純夫、菅雅人、井出美智留、下田治信、百瀬一郎
参加人数A班:49名 B班:54名 C班:56名

内容はキッズコースと同じですが、3、4年生なので、ストローロケットは
正解を言わないで、どうしたら遠くまで飛ぶか考えながら作りました。目標は体育室の壁まで届くことです。
保護者は自由参加なのでほとんどが子どもだけでしたが、2名ずつのボランティアの方が、子ども達に作り
方を説明しながら、 各班ごとに工作をしました。


受験を控えている高校生も、勉強の合間を縫って手伝いに来てくれました。



ボランティアスタッフがそれぞれ10人前後の子どもに作り方の説明をします。


どこに錘をつけたらいいかな?


何度か飛ばした後、松澤先生から最後のヒント。
ほとんどの子が壁に届くようになりました。


葉脈標本作り。みんな凝ったものを作っていました。

今回の作品集。3年生、4年生になると、色の塗り方や葉脈の使い方など、1年生、2年生よりも随分変わります。
違いを見比べて見て下さい。(1、2年生の作品は、9月27日長泉9月13日立川国分寺などをご覧下さい。)


























































最後の写真は、高校生ボランティア作った見本です。透明のフィルムを生かしていろいろ作れます。

<<第1回目戻る第3回目>>

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します