入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

国分寺「宇宙の学校」ファンダメンタルコース
第3回目スクーリング・閉校式
日時と場所11月29日(日) 国分寺ひかりプラザ
プログラム地球の大気と真空の世界
講師松澤俊志、菅雅人、遠藤康弘、五十嵐晴美、百瀬一郎、井出美智留、遠藤純夫
参加数A班49名、B班44名、C班51名
主催国分寺市教育委員会

 3、4年生の「宇宙の学校」は、子どもと親の距離が少し遠くなります。  親は、見守る、助言をするという感じです。学習内容は、キッズと同じですが、  講師やボランティアの人たちの手助けは借りますが、自分の力で自然の事象を しっかりとみつめ、お友達と協力して体験します。


空のペットボトルの重さは同じです。


片方に空気入れで空気を詰めます。


空気を詰めた方が重くなっているのがわかります。


コップに水を入れて、紙でふたをすると逆さまにしても水は落ちません。


同じように、穴だらけの園芸用の鉢底ネットで同じようにしてみると・・・水は落ちてきません。


ラップをかぶせた容器から注射器で空気を抜きます。大きな音がしてラップが割れるのですが、
ただラップを割っているのではなく、ラップが薄いので、大気が真空になっていく容器を押している事が分かります。


今回、一番良くとんだペーパースチールの工作です。(クリックで拡大)


終了式では、教育委員会の日野指導主事からあいさつを頂きました。 共催者を代表して子ども・宇宙・未来の会の遠藤理事があいさつしました。


貰った修了証。一年間がんばりました。

<<第2回目戻る

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します