入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

2009年5月24日
国分寺市「宇宙の学校」第1回目スクーリング

 5月24日(日)に、国分寺市ひかりプラザで国分寺市「宇宙の学校」第1回目のスクーリングが行われました。

 今回のプログラムは「星砂を探して星座を作る」と「風で動くおもちゃ」でかざぐるまと、ラワン、シンジュの種の模型を作りました。

 最初の説明は講師の先生がしますが、工作するときは、8つのグループに分かれます。それぞれのグループで作り方などを教えているのは、高校生や中学生、その 親御さん方がボランティアでお手伝いしてくれています。


まずは星砂のお話から。砂といっても、実は生物(有孔虫)の殻なのです。


親子が同じ姿勢で星砂探しに熱中


おりがみでかざぐるまを作ります。


おかあさんに手伝ってもらいながら


出来上がったら、回して遊びます。歩くだけでも回るのですが・・・やっぱり子どもは走ってしまいます。


シンジュの種の模型をおりがみで作ります。


みんなの出来た種の模型を集めて


ブロワーで風を吹き上がら種の模型を降らせると、風に乗ってクルクル回りながら舞い降りてきます。

<<開校式戻るCD班第1回目>>

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します