入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

2009年6月7日
国分寺市「宇宙の学校」C・D班第1回目スクーリング

6月7日(日)に、国分寺市ひかりプラザで、C・D班のスクーリングが開かれました。
スクーリングの内容は、5月24日の内容と同じです。今回のレポートは、ボランティアの活躍に スポットを当てています。
ボランティアには、高校生と保護者が来ています。毎回手伝いに来てくれる高校生は、国分寺市科学教室の第一期生です。
今回は、その高校生が通っている小平南高校の科学部の後輩も手伝いに来てくれました。
多くのボランティアの方々に支えられて「宇宙の学校」は開催されています。
高校生の中には3年生もいるので、受験勉強で忙しい中にもかかわらず来てくれました。


開場前の打合せ。講師の先生からタイムスケジュールと変更点、注意事項など確認します。


会場の設営中


スクーリングで行う工作は、スタッフも自分で作り、気を付ける所などを確認しておきます。
初参加の後輩たちに、先輩が作り方を教えています。


受付もボランティアの方々に担当してもらっています。


ボランティアの皆さんを紹介。1人ずつ自己紹介をします。


参加者を9班に分けて工作をします。各班にはボランティアスタッフが1人ずつ付いています。
分からないところがあれば、すぐ質問することが出来ます。

ここの班で教えているのは高校生。国分寺市科学教室の卒業生で、第一期生です。


工作も終わって、参加者一人ひとりにレポート用紙と参加証を配布


道具を運び出し、最後に会場の清掃して、終りです。
1日お疲れ様でした。

<<AB班第1回目戻るAB班第2回目>>

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します