入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

2009年9月13日

9月13日(日)に国分寺市ひかりプラザで「宇宙の学校」C、D班の2回目のスクーリングが開かれました。
プログラムは前回のA、B班と同じで、ストローロケットと葉脈標本作りです。

主催:国分寺市教育委員会 KU-MA
共催:JAXA宇宙教育センター
参加者数:親子93組

プログラム内容

 注射器ロケット、プチロケット(演示)
 ストローロケット飛ばそう
 葉脈標本作り


エタノールを持って、ロケットの燃料を説明する下田先生



注射器ロケットを演示したときの写真です。ロケットの燃料を説明するために、エタノールと空気の次に エタノールと酸素で飛ばした時の写真です。爆発・燃焼が起きて飛んで行く事が分かります。


午前中に窓を乗って取れなくなってしまったので、カーテンを閉めています。
みんなコツをつかむと、カーテンまで届くロケットが増えていきました。(赤丸が飛んでいくロケット)

葉脈標本作り。みんな凝ったものを作っています。中には大人の渋い作品もあります。










<<AB班第2回目戻るAB班第3回目>>

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します