入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

2009年9月26日

9日26(土)に新宿コズミックセンターで「宇宙の学校」の3回目が行われました。

プログラム

かざぐるまをつくろう
c プチロケットを飛ばそう
講師:柴田直人、神田亨、五十嵐晴美

最初に7月22日の皆既日食まとめのお話し。
柴田先生が種子島で撮影したビデオを見ました。当日はあいにく曇りでしたが
皆既帯に近いだけあって、最大食の時には大分暗くなっていました

また、上海に見に行った子から、レポートを貰いました。
こちらからご覧いただけます。


日本で見られる次の日食は? 2035年に北関東で見られます。新宿で見られるのは2762年のことになります。
(前回は1460年のことでした)




かざぐるま作り。余った材料をもう1セット持ち帰る子どもが多くいました。




プチロケットは、子どもも大人も好きな色に塗って、最後にみんなで外で打ち上げました。
(赤丸が打ち上がったプチロケット)

次回は、10月24日(土)になります。

<<第2回目戻る第4回目>>

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します