入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

新宿「宇宙の学校」第5回目スクーリング
日時と場所11月7日(土)
プログラム大気圧を体感しよう
@「ゴムピタ君」を持ち上げる
A大気圧実験装置で風船を膨らます
Bブザーを入れて、音の聞こえ方を調べる
Cビーカーに入れたお湯の変化を調べる
Dマシュマロを入れて変化を調べる
Eラップでポン
Fコップの水はなぜ落ちないか
講師柴田直人、神田亨
参加数28名(うち保護者10名)


はじめに、国際宇宙ステーションを見ようというお話し。
柴田先生が撮影した写真を見せてくれました。とても明るく、肉眼でもはっきり見えます。
JAXAの「国際宇宙ステーションを見よう」でどこで何時に見られるか調べられます。


ゴムピタ君でホワイトボードを引っ張ってみます。平らな面なら、横にしてもぴったり貼り付きます。


ブザーの音が少しずつ小さくなるのが分かります。容器に入れた時にだいぶ小さくなりますが、
気圧を元に戻すと、音が聞少し大きくなるのが分かります。


ラップでポン。ポンと書いていますが、かなり大きな音がします。


マシュマロを入れて実験。子どもの力では空気を抜くのが大変なので、途中から大人に交代。


空気を入れてると、マシュマロが膨らんでいたことが分かります。


重さがないように見える空気ですが、実はちゃんと重さがあります。
下がっている方は、自転車の空気入れで空気を詰め込んでいます。

次回は、12月5日(土)、最終回です。

<<第4回目戻る第6回目>>

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します