入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

2009年7月5日
立川「宇宙の学校」第2回スクーリング

7月5日(日)に、立川市錦学習館で第2回目のスクーリングが行われました。
今回は、日食と「木もれ日」の話と、プチロケット、葉脈の標本を作りました。


前回は運動会で来れなかった子が多かったので、復習で「木もれ日」キャンペーンと 日食の話をしました。
赤いボールが地球とすると、月はこれだけ離れます。そのもっと先は太陽です。
この三つが一直線に並んで、月の影が地球にかかると、日食になるわけです。


工作の準備をします。場所に限りがあるので、参加者にも手伝ってもらいました。


フィルムケースに発泡入浴剤と水を入れて、しばらく置いておきます。
中の気圧が高まると、3〜5mぐらい飛び上がります。


ロケットの飛ぶ原理の説明で、注射器ロケットの演示をしました。
最初はエタノールだけで、次に酸素を少し入れると、舞台まで勢いよく飛びました。


葉脈標本作り。標本にマジックで色を付けて、台紙を選んでパウチして完成です。
子どもより夢中になる大人もいました。


日付を入れて、今日の参加記念。

次回は、9月13日(日)に第3回目のスクーリングが行われます。

<<第1回目戻る第3回目>>

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します