入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
国分寺「宇宙の学校」ファンダメンタルコースAB班
開校式&1回目スクーリング
日時と場所6月13日(日)国分寺市ひかりプラザ
プログラム開校式
「はやぶさ」「イカロス」の話
みんなで金星を観察しよう
熱気球を作って上げよう
講師・スタッフ講師:松澤俊志、山下法昭、菅雅人、下田治信、井出美智留、五十嵐晴美
スタッフ:ボランティア12名
参加数A班:46名 B班:39名
主催国分寺市教育委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

小学校3、4年生の「宇宙の学校」が始まりました。
国分寺では3、4年生は子どもだけでスクーリングに参加しています。


最初のスクーリングなので、開校式も兼ねています。
国分寺市教育委員会の日野指導主事から子どもたちに開校のお話しがありました。


下田先生から、地球まで戻ってきた「はやぶさ」と5月に打ち上げた「イカロス」や、
金星観察キャンペーンのお話しがありました。


プログラムは、キッズコースと同じ熱気球です。
今回、保護者がいないので、班ごとについている先生やスタッフに教えてもらいながら自分達で作ります。


みんなで力をあわせて作ります。




大学生のボランティアに作り方を教えてもらいながら


組み立てが終わったら絵を描きます。この班はみんなで星を描いていました。


先生が反対向きから上手に描いていたので、


見学に来ていた保護者に手伝ってもらい、気球を立て上げました。


自分の班の気球が上がると、自分が描いた絵を指差して喜んでいました。


最後に、松澤先生と五十嵐先生から家庭学習のテキストとレポート用紙の説明をして終わりました。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します