入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
国分寺「宇宙の学校」キッズコースCD班1回目
日時と場所6月6日(日)国分寺市ひかりプラザ
プログラム金星をかんさつしよう
金星かんさつスタンド作り
熱気球をあげよう
講師・スタッフ講師:松澤俊志、山下法昭、遠藤純夫、菅雅人、下田治信、五十嵐晴美
スタッフ:ボランティア18名
参加数C班:親子125名 D班:親子156名
主催国分寺市教育委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター


午前中は、小平南高校の科学部の生徒さんが手伝いに来てくれました。


会場の設営や片付け、工作の手伝いなど、大活躍でした。


今日のボランティアのみなさん。去年高校生のスタッフも大学生になりました。
スケジュールの合間を縫って、来てくれました。


金星かんさつスタンド作り。
一緒に来た大人にカッターで切れ込みを入れてもらってはさみで切り抜きます。
曲線は難しいので、時間をかけて丁寧に切り抜いていました。


竹串や画鋲など、尖ったものを使う部分は、お父さんが作ります。


続いて熱気球作り。
班によって様々で、子どもと大人が一緒に袋を貼り合わせていたり、


大人が中心になって、慎重に貼り合せていたりと様々です。


子どもたちで絵を描いて


完成したら、みんなで持っていきます。


熱い空気を入れるので、膨らませるのは大人がやります。


携帯電話で写真や動画を撮っていました。
こんな楽しい事をやってるよ、と友だちに宣伝してね!

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します