入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

子ども未来講座 新宿「宇宙の学校」開校式・1回目スクーリング
日時と場所9月11日(土)新宿コズミックスポーツセンター
プログラム開校式・講演「はやぶさ」と「宇宙の学校」
みんなで金星を観察しよう
(金星の話と観察スタンド作り)
講師・スタッフ講師:柴田直人、的川泰宣、新田正博、津村由和、茂木照夫、酒井彰子、
神田亨、新宿未来創造財団スタッフ
参加数Aコース(午前)親子29組 Bコース(午後)親子28組
主催公益財団法人新宿未来創造財団
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

今年も新宿で「宇宙の学校」が始まりました。
昨年はふたつの会場で開催しましたが、今年はコズミックセンター会場での開催です。
昨年の新宿第2会場で講師をしていた「シリウスの会」の先生方と一緒に
「宇宙の学校」を運営していきます。
Aコースが午前中、Bコースが午後と2回に分けて行いました。


主催の新宿未来創造財団の岡田さんから開校の挨拶。


KU-MA会長的川の開校記念講演「はやぶさ」と「宇宙の学校」


講師の柴田先生からは、この日の夜8時過ぎに打ち上げ予定の準天頂衛星「みちびき」や夜空に見えるISSの軌道、今日の見える金星の事など話のあと、工作をしました。


親子で工作を分担しました。


午後の回の工作は、新宿区立西戸山中学校の新田正博先生が講師です。
写真は、工作が終わったあとマグネットを使って、金星が明け方と夕方しか見えない
理由を説明しています。


講師・スタッフ共に理科の教諭ですが、始まる前に進め方など打合せをしています。
2回目と3回目は「シリウスの会」の先生方が講師をします。

次回は、10月23日(土)です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します