入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

鷹番「宇宙の学校」
日時と場所10月16日(土)
プログラムかざみどりを作ろう
かさ袋ロケットを飛ばそう
講師・スタッフ講師:的川泰宣
スタッフ:夢プランたかばん実行委員会のみなさん
参加数親子92組
主催夢プランたかばん実行委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

「夢プランたかばん」は、「その道のプロ」を講師に招いていろいろな教室を土曜日に開いています。鷹番「宇宙の学校」は夢プランの講座として、 今年度は5回のスクーリングを行います。


申し込みが104組もありました。中に受付スペースを作れないので、外で受付です。


鷹番小学校の大野泰弘校長の挨拶。大野先生は夢プランのほとんどの講座に出席して、児童と一緒に受講している


的川が「宇宙の学校」について保護者へ向けて話をしました。


続いて風見鶏とかさ袋ロケットを作りました。


体育館の出入り口から良い風が入ってきて、風見鶏を持って待っていると風が吹いてくる方向へ
頭を向けるのが良くわかりました。


飛ばし方が上手な子が多かった気がします。
材料に余裕があったので、保護者の方も作ってみて下さいと話したところ 嬉しそうに材料を取って作り始める方が何人もいらっしゃいました。

次回は11月27日(土)12月11日(土)です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します