入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
国分寺「宇宙の学校」ファンダメンタルコース
C・D班第2回スクーリング
日時と場所11月27日(日)国分寺市ひかりプラザ
プログラム皆既月食を観察しよう
風で動くおもちゃを作ろう
講師・スタッフ講師:松澤俊志、菅雅人、井出美智留、遠藤康弘、徳田憲暁、玉川善郎、荻原由久
スタッフ:ボランティア15名
参加数C班:児童32名 D班:児童20名
主催国分寺市教育委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター


朝早くからボランティアの皆さんが来て準備をしてくれます。


12月10日の皆既月食のお話。


車輪は定規で測りながら真っ直ぐ取り付けます。


帆の形はどうしようかな?


プラダンボールと木材は、大人に切ってもらいました。


カッターを持つ手に注目。小指を写真のようにすると安定して切れるそうです。
切り絵をしていたのでこの切り方を知ってるという事でした。


切ってもらったプラ段ボールと木材をずれないように貼り付けます。


帆の組立。


無地だと寂しいので絵も描きます。


なぜか風を受けても進まないので、ボランティアのお兄さんに助けてもらいながら頭を抱えて考え中。


まっすぐ進まないので車輪を点検中。


裏返して調整。


手で押して確認。


タイムレースの後、徳田先生から横からの風で真っ直ぐ走ったのか説明がありました。


班ごとに作品と写真を撮りました。




























次回C・D班は2月12日です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します