入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
多摩市「宇宙の学校」第2回スクーリング
日時と場所7月15日(日)恵泉女学園大学体育館
プログラム風で動くおもちゃを作ろう〜ホバークラフト〜
講師・スタッフ講師:並木道義
スタッフ:TAMA宇宙委員会、帝京大学児童文化研究会〜Step〜
参加数親子30組67名
主催TAMA宇宙委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
後援多摩市教育委員会


今回からスタッフの子どもたちが「子どもスタッフ」として活動開始!
おそろいのTシャツを着て受付作業や会場までの案内を行いました。


工作はホバークラフトです。まず初めに実際のホバークラフトがどんなものなのかを映像を見ながら並木先生が説明してくださいました。


その後お父さんお母さん(今回はお兄さんもいました)工作補助スタッフの助けを借りて作業を進めていきます。


完成品を走行させます。

完成させた後に「これ、持ち帰っていいんですか?」という兄弟が。「もちろんいいよ〜。お家でもいろいろ工夫して走らせてみてね」というと「やった〜!」と喜んでいました。帝京大学児童文化研究会(step)からは5名のお手伝いをいただきました。皆さんありがとうございました。

次回は、10月28日(日)です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します