入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

国分寺「宇宙の学校」C・D班第2回スクーリング
日時と場所11月24日(日)国分寺市ひかりプラザ 
C班10:00〜12:00 D班13:30〜15:30 
プログラムスポイトロケットを作って打ちあげよう
みんなでアイソン彗星を観察しよう
講師・スタッフ講師:-
スタッフ:-
参加数C班28名 D班18名
主催国分寺市教育委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター


スタッフの事前ミーティング風景。これで準備ばっちり!
参加者の皆さんが来るのを待ちます。


受付が始まりました。


スクーリングの始まりです。司会は徳田先生。


荻原先生がスポイトロケットの作り方を説明しています。
さあ、工作開始!


微調整はお父さんの出番。頼りになるね!


打ちあがって、びっくり!


今度は少量の水を入れて打ち上げ。水を飛ばしながら上に勢いよく飛んで行きます。
空気だけの場合と、どう違うかな??


アイソン彗星のお話は松澤先生がしてくれました。


赤い丸が太陽だよ。


みんなが作り終わったところで、模型の見方を説明してもらいました。
今日のアイソン彗星の場所に印をつけているお友達もいました。

C・D班の次回開催は2月2日です。

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します