入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

多摩市「宇宙の学校」開校式・第1回スクーリング
日時と場所6月2日(日)恵泉女学園大学体育館
プログラム開校式
熱気球を作ってあげよう
講師・スタッフ講師:並木道義
スタッフ:TAMA宇宙委員会+子どもスタッフ、帝京大学児童文化研究会〜Step〜
参加数36家族 90名 (対象児童41名)
主催TAMA宇宙委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
後援多摩市教育委員会

今年度は40組の募集に対して90組の応募がありました。参加者の中には世田谷区、町田市また神奈川県川崎市から来ている家族もいらっしゃいます。多摩市宇宙の学校では多摩市在勤在住が応募の必須要件ではないので、宇宙の学校に参加したくても、地元で宇宙の学校が開催されていない、という方がKU-MAのHPからたどって応募してくることもあります。

開校式ではTAMA宇宙委員会代表の三浦から、宇宙の学校の三本柱である「家族とつながる家庭学習」「地域とつながるスクーリング」「地域貢献」について話がありました。次に講師の並木道義先生から「宇宙の学校の進め方」についてお話があり、いよいよ工作「熱気球を作ってあげよう」が始まりました。



帝京大学児童文化研究会(Step)のメンバーが今年も工作補助を担当してくださいました。各班では初めて会ったお友達とお父さんお母さんが協力して熱気球を作っていきます。









打ち上げではみんなでカウントダウン。ふわーーーっと浮き上がると会場から拍手と歓声が沸きあがります。


次回は「宇宙の学校@東寺方小学校」との合同スクーリングです。7月6日土曜日9時30分受付、会場は多摩市立東寺方小学校体育館です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します