入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

多摩市「宇宙の学校」第4回スクーリング・閉校式
日時と場所12月15日(日)10:30〜12:30 恵泉女学園大学体育館
プログラム「地震と建築物」、レポート発表、閉校式
講師・スタッフ講師:三浦千穂(TAMA宇宙委員会)、加藤瑞世(TAMA宇宙委員会、一級建築士)
スタッフ:TAMA宇宙委員会、子どもスタッフ、 帝京大学児童文化研究会〜Step〜
参加数親子28家族79名(対象児童35名)
主催TAMA宇宙委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
後援多摩市教育委員会

建物高さによって倒れやすい揺らし方があることを体験するため、
発泡スチロール製のブロックを積み上げて倒す実験を行いました。

その後一級建築士である加藤瑞世さんから、免震、耐震、制震システムについて
簡単に説明を受けました。

免震システムが実はロケット開発の技術が応用されていることも教えてもらいました。
また、日本家屋には「筋交い」という耐震技術が使用されていることを説明してもらい、
それを応用してストローハウスの工作を行いました。
工作自体は簡単ですが、みなさん夢中になって思い思いのストローハウスを作成していました。

レポート発表ではみなさん堂々と発表している姿が多く見られて感心しました。
閉校式で修了書と記念品授与を行い終了しました。

今年度もみなさんのおかげで無事に終了することが出来ました。大変にありがとうございました。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します