入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

多摩合同「宇宙の学校」第2回スクーリング
日時と場所7月6日(土)多摩市立東寺方小学校体育館
プログラム海の色はなぜ青い
講師・スタッフ講師:並木道義
スタッフ:TAMA宇宙委員会+子どもスタッフ
参加数多摩市:児童45名、親子40組
東寺方:児童20名、親子19組
主催TAMA宇宙委員会、多摩「宇宙の学校」@東寺方小学校実行委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
後援多摩市教育委員会

多摩市での「宇宙の学校」開催は3年目。
今回初の試みとして、多摩市と東寺方との合同スクーリングを行いました。
いつもの班編成は崩さずに多摩市4班、東寺方3班、計7班で行いました。
人数がいつもより多いことで混乱が起きないように、念入りにミーティングを行いました。











まずは講師の並木先生から「海の色ってどうして青いんだろう?」というお話をしてもらいました。
続けて実験に移ります。


実験は光が水槽の水を通った後に虹が出来ること、光の三原色を混合して
どのような色が出来るか、赤、青、白の光が届く長さの違いを見ることの3種類でした。


最初は水を入れた水槽に光を当てて虹を作ります。
まっすぐに当てても見えないので色んな当て方を試してみます。


次に赤・青・緑のライトを白い紙や魚の絵に当てて実験。
色の組み合わせや当て方によって元の色が違って見えます。
暗幕の中で実験するとよりはっきり分かります。


3つ目の実験では夕焼けがなぜ赤いのかが分かったかな?


合同スクーリング最後のお楽しみコーナーは、題して「宇宙○×クイズ」。
保護者の方も一緒に参加しました。15問ありましたが、
主催者の予想に反して最後まで残ったのがなんと12人もいました!

とても暑い中、参加者の皆さんはもちろんスタッフの方々も大変にお疲れ様でした。
また見学・お手伝いそしてPRにひと山越えて来てくださった相模原実行委員会の長崎さん、
見学に来てくださった八王子市のSさん(スタッフ石井さんのご友人)もありがとうございました。

次回多摩市の第3回スクーリングは10月28日(日)10:10受付10:30開始、
会場は恵泉女学園大学体育館です。

東寺方会場の第3回スクーリングは10月5日を予定しています。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します