入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
多摩市「宇宙の学校」at東寺方小 第2回スクーリング
日時と場所2014年7月12日10:00〜12:00
プログラムポンポン船を作って遊ぼう
講師・スタッフ講師:並木道義
スタッフ:多摩「宇宙の学校」@東寺方小学校実行委員会
参加数児童30名(親子29組)
主催多摩「宇宙の学校」@東寺方小学校実行委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
協力TAMA宇宙委員会



今回は、年間のプログラムの中でも特に期待が大きい「ポンポン船」です。
スタッフは事前に集まり、船体に使うスチレンボードやろうそくを切ったり、
作り方の手順を予習したりしました。


当日、外では水槽の準備。「宇宙の学校」卒業生の中学生ボランティアが活躍しました。


まずは、講師の並木先生から「皆既月食」と「ポンポン船の仕組みと作り方」についての説明。
みんな真剣に聞いています。


アルミパイプを曲げたり、スチロールカッターで飾りを作ったり。
難しい作業もありましたが、親子で相談しながら取り組みました。





できあがったら、水槽で実際に浮かべます。
ろうそくの炎が当たる位置やパイプの角度を調節。
うまく動くとあちこちで歓声が上がりました。






次回は10月25日(土)の予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します