入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
東大和「宇宙の学校」開校式・第1回スクーリング
日時と場所 2015年11月8日(日) 9:30〜12:00 東大和市立郷土博物館
プログラム開校式
フィルムケースロケットを飛ばそう
講師・スタッフ 講師:遠藤純夫
スタッフ:野ア洋子、渡辺一穂(星空ボランティア)
     立川隆司、梅村卓生
参加数親子10組20名
主催東大和市立郷土博物館
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

参加者の満足度も高く、次回の開催が楽しみです。
星空ボランティアからもお父さんも楽しめる工作がよかったとのコメントをもらっています。
ロケット打ち上げ時、怖いといって結局最後まで打ち上げに参加できなかった子がいました。


プラネタリウムでお話を聞いた後、自己紹介。
フィルムケースロケットの作成手順を神妙に聞いています。





自分だけのロケットが完成しました。
うまく飛ぶかな?




フィルムケースロケットに発泡入浴剤と水を入れて、しばらくおいておくと打ちあがります。
誰のロケットから打ちあがるかわかりません。




次回は2月21日に開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します